OSHO ディスコース(講話)

OSHO on Enlightenment: demystification of enlightenment, and mystery of enlightenment

Ignorance has no beginning, but it ends.
Enlightenment has a beginning, but it never ends.
And both of these become one; they both are one.
The beginning of enlightenment and the end of ignorance is a single point.
It is one point, a dangerous point with two faces:
one face looking toward beginningless ignorance
and the other face looking at the beginning of endless enlightenment.

無知(無明)には始まりはないが、終りがある。
光明には始まりがあるが、決して終わりがない。
そしてこのふたつの両端がひとつになる。
実際これら両方はひとつだ。
光明の始まりと無知(無明)の終わりが一点でひとつになる。
その一点は2つの顔を持った危険な点だ。
一方の顔は始まりなき無知(無明)の方を向いていて、
もう一方の顔は終わりなき光明の始まりの方を向いている。

So you reach enlightenment, but yet you never reach it.
You come to it, you drop into it, you become one with it,
but still a vast unknown remains.
And that is the beauty of it; that is the mystery of it.

だからあなたは光明に辿り着くが、
決して光明に辿り着けない。
あなたが光明にやってきて、
その中に落ちていき、それとひとつになる。
しかしそれでもなお未知は広がったままであり、
それが光明の美しさであり、それが光明の神秘だ。

If everything was known in enlightenment,
there would be no mystery.
If everything became known,
the whole thing would become ugly;
then there would be no mystery,
everything would be dead.
So enlightenment is not “knowing” in this sense;
it is not knowing as a suicide,
it is knowing in the sense that it is an opening into greater mysteries.

“Knowing” then means that you have known the mystery,
you have become aware of the mystery.
It is not that you have solved it:
it is not that there is a mathematical formula and now everything is known.
Rather, the knowing of enlightenment means that
you have come to a point where the mystery has become ultimate.

もしあなたが光明においてあらゆる事を知るのであれば、
そこには何の未知なるものがない。
すべてが醜くなるだろう。未知なるものがないとき、
あらゆる事柄が死んでしまう。
だから光明とはこの意味において「知る」ということではない。
それは自死としての知ることではない。
それはさらなる神秘へと開いていくという意味としての知ることである。
「知る」ということの意味するところはあなたは神秘を知り、
神秘に気づき始めたということである。
それはあなたが神秘を解決したということではない。
それは数学の公式のように、すべての事が解かれるということではない。
むしろ光明において知るということの意味は
、
神秘が極限までになった地点にあなたがやってくるという事である。

ピックアップ記事

  1. 2018年6月2日(土)〜3日(日)Mt. Hijiri*nuur* Pre O…
  2. Take Sannyas(テイク・サニヤース)
  3. 自然農法と種センターと土作り
  4. 信州 岡谷アジール ゲストハウス準備出来てきてます。一部お部屋をご紹介 その2
  5. 藤沢遊行寺 Yugyoji Temple in Fujisawa

関連記事

  1. Space OSHO

    2/2(金) セレブレーション&サイレンス in 湘南藤沢

    もし貴方が私を愛するなら、私は永遠に貴方の為に生き続ける。貴方の愛…

  2. Space OSHO

    6/22(金) セレブレーション&サイレンス in 湘南藤沢

    もし貴方が私を愛するなら、私は永遠に貴方の為に生き続ける。貴方の愛…

  3. Space OSHO

    セレブレーション&サイレンス in 東京 Tokyo city

    直前のご案内になってしまいましたが、ご予定、タイミングがあえば…

  4. Space OSHO

    スペースオショー:2013年9月22日(日曜日) 9時から14時ごろまで

    8月も9月も土曜日か日曜日のどちらかで週一回のペースで続けておりました…

  5. Space OSHO

    親父の一周忌

    今日は親父の一周忌。去年の12/1568歳で急逝をしてから、ち…

  1. Space OSHO

    Take Sannyas(テイク・サニヤース)
  2. 写真日記

    藤沢遊行寺 Yugyoji Temple in Fujisawa
  3. Space OSHO

    Transit in Korean now…
  4. Space OSHO

    2018年6月2日(土)〜3日(日)Mt. Hijiri*nuur* Pre O…
  5. マンダラ

    ネパールにいってきます☆
PAGE TOP
テキストのコピーはできません。